話題のチョコレート meiji THE Chocolate食べてみた

世間は2月14日。そうバレンタインデーですね。
バレンタインデーといえば、チョコレート!
女子はドキドキ、男子はソワソワしっぱなしの1日ですね。
いまや「バレンタインデー」にチョコレート贈るということが根付いているんですが、これってなんでだと思いますか?
改めて起源をおさらいしてみます。

バレンタインデーの起源

みんな知っているバレンタインデー。
英語では、「Saint Valentine’s Day」=「聖バレンタインの日」。
そもそもバレンタインってなに?
バレンタインとは、3世紀にローマで殉教した聖職者です。
3世紀は、古代ローマの時代。
当時は、「士気が下がる」という理由で結婚を禁止されていました。
しかし、このバレンタイン司祭。
ひそかに結婚を認めていたのです。
兵士からすると素晴らしい聖職者であったのですが、結婚を禁止としていた皇帝はそのことを知り、激怒。
結婚を認めるのであれば、キリスト教から抜けることを求められたバレンタイン司祭は、それを拒みます。
その結果、処刑となり殺されてしまったといわれています。
そう、このバレンタイン司祭が処刑された日が2月14日

こんな背景があったんですね。
ちなみに「バレンタインデー」とチョコレートの関係性ですが…。
歴史的なつながりはなさそうですね。
1958年にメリーチョコレート社が「バレンタインセール」を始めたのが始まりと言われています。
その後、1970年代より女性から男性にチョコレートを贈る習慣が根付いたようです。
ということで、バレンタインデーとチョコレートの始まりは、

一言でいうと、チョコレートの小売業界のマーケティング作戦ですね。

話題のチョコレートを食べてみた

今回は話題のチョコレート
”meiji THE Chocolate”を食べてみました。

これですこれ。
コンビニだったりスーパーだったりで見たことないですか?
僕も前から見たことはあったんですが、食べたことがなかったんです。
だって、他のチョコレートと比べると、ちょっと高い。
森永の”DARS”やブルボンの”アルフォート”は、1箱約100円。
それに比べてmeiji ”THE chocolate”は、1箱約230円。
高い!値段も2倍以上じゃないですか!
さぞかし、美味しいんでしょうね!?
なんて疑いながら、今回”THE chocolete”を食べてみました。

でも調べてみると、高い理由も見えてきました。

その一つが、Bean to Barと言われる製法です。
これは、カカオ豆の選定からチョコレートになるまでの全ての工程を自社で行うこと。
カカオ豆の選定からその豆をどんな製法でチョコレートを生み出すのか。
会社ごとの独自のこだわりチョコレートを作れる製法なんです。

この製法をmeijiが取り入れ、作った商品がTHE Chocolateです。
ということで、最高級の豆を最高の製法で仕上げたので、高くなってしまうんですね。
まぁパッケージからしても無駄なデザインがなく、高級感がスゴイですもんね。

甘酸っぱい青春のチョコレート味

今回食べたのは、ピンク色のパッケージの”鮮烈な香りフランボワーズ”から。このThe Chocolateシリーズは「カカオ濃度」と「チョコレートの特徴」がパッケージに書いてあるんです。
僕がこのフランボワーズを選んだ理由は、”果実香”と”ミルク感”が強いと書いてあったから。
カカオ濃度は44%で、シリーズの中でも最も低めです。
その代わりにフランボワーズの果実の香りと酸味を最大まで引き出したチョコレートですね。

当初は、果実香が強いってことはソースが中に入ってるんでしょ?
なんてことを予想してました。
そして、パッケージから開けてみるとビックリ!!!
なんじゃこのオシャレなブロックは!?!?

なんとこのThe chocolateシリーズ。
4つの模様によって、味や香りの変化を楽しむことができるんです。
左側のミニブロック型は、軽い口当たりを楽しむことができます。
真ん中のギザギザ型は香りを際立たせ、その横のドーム型は濃厚感を楽しめる。
そして、右側のスティック型は、力強い味わいを感じることができるんだそうです。
1枚でカカオの味わいを4回も楽しめる。

meijiの本気!こだわりがすごい!!!

もうここまでくると、美味しさの期待度も爆上げですよね。
ワクワクしながら食べてみる。
フランボワーズの香りと果実の酸味がうまーい!!!
甘さが全面に出てこないので、ちょうどいい甘さ。
当初、ジャムが入ってるとか期待してたのが恥ずかしい。
中にそんなものは入ってませんでした。
もっとこう、大人っぽいチョコレート。
これは高くてもしょうがないよ。美味しいもん。
そして、口当たりとかよくわかってないけど、ブロックごとに分けて食べてみたくなる。笑

ちょこっと優雅なひとときを

初めて見たときは、高級感にやられて手がなかなか伸びませんでした。
実際に食べてみて、美味しすぎる。
優越感に浸れるってこのことか!と感じるくらい。
見て楽しい、食べて美味しいってこのこと。
高級感があるので、遠出しなければ手に入らないと思いきや、コンビニ・スーパーで購入できる!
これも大事なポイントだと思います。
チョコレートのBean to Barってなに?っていう人も、このチョコレートならそれもなんとなくわかるはず。
はっきり言って、230円程度でこの満足感はお手頃だと思います。

今回はmeiji The Chocolateシリーズのフランボワーズを食べてみました。
この他にも、

Comfort&Bitter(コンフォートビター):~力強い深み~カカオ70%
Velvet Milk(ヴェルヴレットミルク):~濃密な深みと旨味~カカオ49%
Elegant Bitter(エレガントビター):~華やかな果実味~カカオ70%
Sunny Milk(サニーミルク):~優しく香る~カカオ54%
Giondujo(ジャンドゥーヤ)~魅惑の旨味~カカオ51%

などの5種類があります。
近いうちに、他の種類も食べてみてみたいと思います。
是非、チョコレート好きの人は食べてみてほしいです!